2016年3月12日土曜日

[ThinkPad] ノートPCに Windows10 をクリーンインストールしました

How to install Windows10 to the laptop PC

Windows10は2015年10月頃に公開されたBuild 10565からクリーンインストールした後にWindows7/8.1のプロダクトキーで認証できるようになりました。

Windows7/8.1にWindows10を上書きしてアップグレードすることも可能ですが、過去にWindows8からWindows8.1から上書きインストールでアップグレードしたらWindows8.1未対応のプリインストールソフトが残ってしまいInternet Explorerの動作が遅くなるなどの問題が起きました。
Internet Explorer 11 が遅い、フリーズする時の対処

どのソフトがWindows10で問題を起こすか把握するのは難しいのでWindows8.1をフォーマットしてWindows10をクリーンインストールしました。


環境

  • ThinkPad Windows8モデル
    • WindowsプロダクトキーはBIOSにインストール済みで、Windows10にアップグレード前のもの
    • UEFI・セキュアブートをサポート
  • バックアップをとるのに十分な容量の外付けハードディスク
  • DVD-Rドライブとメディア


プロダクトキーを確認する

フォーマットしてからプロダクトキーが分からないトラブルを避けるため、フォーマット前にプロダクトキーを表示するソフトで記録しておくことをお勧めします。
http://www.nirsoft.net/utils/product_cd_key_viewer.html


Windows10のインストール用メディアを作成する

公式サイトからWindows10のインストール用メディア作成ツールをダウンロードし、USBフラッシュメモリーかDVD-Rに書き込みます。
http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

過去にUSBフラッシュメモリーでのインストールは失敗したことがあるので、今回はDVD-Rでインストールすることにしました。
ちなみに2月下旬にダウンロードしたら ビルド 10586 のWindows10でした。


今の環境のバックアップとアプリケーションのライセンスのアクティベーションの解除をしておく

フォーマットする前に大事なファイルは外付けハードディスクやUSBフラッシュドライブなどにバックアップします。
ドキュメントフォルダー、ブラウザーのお気に入りなどの設定ファイル、メール、アドレス帳、IME(ATOK)の辞書など

また、アクティベーションの解除が必要なソフトも可能な限り解除します。
ボーカロイドのアクティベーション解除はこちら
VOCALOID Deactivation Tool を使ってみました

Officeはアクティベーションを解除する方法がなく、インストール後再アクティベーションが必要な場合に電話認証することになるようです。


Windows10インストール用メディアから起動する

Windows10インストール用メディアのDVD-Rから起動する設定をします。
Windows8.1を起動してShiftキーを押しながら再起動します。

トラブルシューティング
詳細オプション
UEFIファームウェアの設定
の順にクリックします。

UEFI設定画面が表示されるので起動ドライブをDVDドライブに設定します。

インストール用メディアから起動すると、Windows10のインストールがウィザード形式で進みます。
入力が必要なのはインストール先のパーティションの選択・設定くらいでほぼ自動で終わりました。


周辺機器のデバイスドライバー類をインストールする

周辺機器のデバイスドライバー類をインストールします。
今回インストールしたThinkpadは公式サイトからダウンロードできる System Update で本体のドライバー類をまとめてインストールできました。

プリンターやオーディオインターフェイスなど、他社製周辺機器のドライバー類は別途インストールが必要です。


バックアップを復元する

Windows10がインストール出来たら必要なソフトをインストールし、バックアップを復元します。


Windows 8.1での問題はどうなったか

IEの動作が遅くなるようなことはありませんでした。
また、Windows8.1では2016年1月のWindows Updateを適用した頃からハイバネーションを無効にしないとUSBキーボードが認識されないことが起こるようになりました。
[Windows] USBキーボードが認識されないトラブルを直すまで
クリーンインストールしたWindows10では初期設定のままUSBキーボードは正常に認識されます

CPUやGPUの発熱量が減ったのか冷却ファンが回転が減って静かになったというメリットもありました。


Windows10で起きる問題

  • 「Generic Low Latency ASIO Driver」をロードするアプリケーションが必ずフリーズする
    例:Vegas Pro 13
    「Generic Low Latency ASIO Driver」はCUBASEが勝手にインストールするドライバーです。
    このドライバーだけアンインストールする方法はありません。
    対策としてレジストリから「Generic Low Latency ASIO Driver」を検索して該当キーを削除しました。
  • マルチモニター使用時の挙動が変わった
    ノートPCに外付けディスプレイをつなげて使っているいます。
    外付けディスプレイの電源を切って入れ直すと、外付けディスプレイの解像度がノートPCのモニターの解像度に変更されてしまいます。
    デスクトップのアイコンの配置や開いているウィンドウのサイズが全て変わってしまいます。


関連ブログ

[Windows10] バックアップボリュームにアクセスできない原因と対処方法
[Windows10] ファイルの共有と解除を自動化する方法
Windows10のバックアップと復元を使ってみました
[Windows10] 外国語を簡単に入力する方法
[ThinkPad] ノートPCのハードディスクをSSDに交換
[ThinkPad] ノートPCのメモリー(RAMモジュール)を交換しました
古いパソコンをフォーマットしてWindows10をクリーンインストールできるか?

以上、参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿