2013年5月18日土曜日

[CUABSE] Prologue・Mystic・Spectorの左側のLFOを使う方法

How to make Prologue's LFO on the Left work
Prologue・Mystic・Spectorには二つのLFOが設定できます。
LFOは「ワブルベース」の音色作りには欠かせないパラメーターです。
(もちろん他にも様々なの使い方があります)

初期状態から音色を作り込んでいくと左側のLFOがなぜか全く効かないようです。


効かない理由は初期状態ではEVENTの「modulation wheel」に「LFO Level」が割り当てられているからです。


このままだとMIDIキーボードのモジュレーションホイール(CC1)を上げないとLFOが効きません。
EVENTの「modulation wheel」の「LFO Level」をクリックして「Off」に設定するれば常時効くようになります。

初期状態から音作りすると左のLFOが効かないので焦りましたが、モジュレーションホイールでLFOを変化させる演奏もおもしろいです。

LFOの変な表示
LFOのシンクモードををmidiに設定します。
LFOのスピードを適当に設定してプロジェクトを保存します。検証した時点では左に1/4T、右に1/4を設定しました。

CUBASEを終了して起動し直すと左右ともスピード(波形の下の数字)の表示が変わります。

バグのようで、Prologue 2.2.1.108 で発症します。

関連ブログ
[Cubase] Mystic・Prologue・Spectorの同時発音数の設定方法
[CUBASE] CUBASE7のインストールとトラブル
[CUBASE] スペクトルモニターの精度
[CUBASE] CUBASE6のバージョンアップのトラブル
[CUBASE] 「突然音が出なくなった」を解決する
[Windows] オーディオ再生中にノイズが鳴る
[VOCALOID][CUBASE] VOCALOID Editor for CUBASE(ボカキュー)で何が変わるか?
[VOCALOID Editor for CUBASE] ボーカロイドをMIDIキーボードで入力する
[VOCALOID] CUBASEで「ぼかりす」(VocaListener)っぽいことをする
[VOCALOID Editor for CUBASE] VOCALOIDが発音しないことがある

以上、参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿