2020年5月31日日曜日

[Windows] 内蔵システムドライブを外付けにしたらフォーマットできないときの対処方法

How to solve error "Operation is not supported by this object"

PCのシステムドライブとして使っていたSSDをUSBの外付けドライブに変換するケーブルでPCに接続してフォーマットしようとしたところ、エラーメッセージが表示されフォーマット出来ません。
仮想ディスクマネージャー この操作は、オブジェクトによってサポートされてません。


blog.fujiu.jp 内蔵システムドライブを外付けにしたらフォーマットできないときの対処方法

このエラーはバージョンの古い Windows では見たことがなかったので対処方法を調べてその方法をまとめました。


環境

  • Windows 10

エラーが出るまでの手順

スタートボタンを右クリックして ディスクの管理 を開きます。
ディスク1のパーティションをすべて削除したいのですが、いくつかのボリュームはメニューがグレーアウトされて削除出来ません。

左側を右クリックすると表示される ダイナミックディスクに変換 というメニューをクリックすると「この操作は、オブジェクトによってサポートされてません」というエラーが表示されました。

ボリュームの拡張ウィザードなども試しましたが、これ以上何をしても解決しそうにありませんでした。
ディスクの管理 では回復パーティションなど一部のパーティションは削除出来ないようになっているようです。


対処方法

DiskPart コマンドを使って解決しました。
検索バーかコマンドプロンプトに
diskpart
と入力します。(要管理者権限)
DiskPartのコマンドラインが起動したら、今回は ディスク 1 を初期化したいので
select disk 1
clean
と入力します。


これでディスク1が未割り当てになり、フォーマット出来るようになりました。


今回はすべてのパーティションを一度に削除するために clean と入力しましたが、パーティションを選んで削除する場合は
select partition
でパーティション番号を指定して
delete partition override
で削除できるようです。

diskpart コマンドdiskpart command - Microsoft Docs
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/administration/windows-commands/diskpart



関連ブログ

Windows 10 の冷却ファンの回転を減らす方法
Windows バックアップが正常に完了しないのを回避する方法 (0x80780048)



0 件のコメント:

コメントを投稿