2018年12月23日日曜日

Windows バックアップが正常に完了しないのを回避する方法 (0x80780048)

How to avoid backup error 0x80780048

2018年11月頃からバックアップ先のディスクドライブに十分な空きがあるのに Windows10 のバックアップが正常に完了しなくなりました。
blog.fujiu.jp Windows バックアップが正常に完了しないのを回避する方法 (0x80780048)

原因を調べ、設定を変更して正常に完了させる事が出来たのでその方法をまとめました。


環境

  • Windows 10


イベントビューアーの内容を確認する

イベントビューアーはスタートボタンの右クリックのメニューから開けます。
イベントビューアーを開くと次のようなイベントが記録されていました。
バックアップは成功しませんでした。エラー: バックアップの保存場所の空き領域が、データをバックアップするために十分ではありません。(0x80780048)。

バックアップの保存場所の外付けドライブを空にすれば今までは正常にバックアップ出来ていたし空き容量は十分あるのですが、バックアップ容量や空き容量の判定方法が変わったのかもしれません。
もっと大きい外付けドライブがすぐに調達出来ないのでこのドライブでバックアップする方法を模索しました。


バックアップの設定を変更する

Windows10 のバックアップは
コントロール パネル\システムとセキュリティ
の中にあります。

バックアップ先のディスクドライブを接続して
設定を変更します
をクリックします。

バックアップ先のドライブを選択して次へ。

自分で選択する を選んで次へ。

次のドライブのシステムイメージを含める のチェックをオフにします。

次へ進んで設定を保存して終了します。
この設定で何度か試しましたが、エラーで止まることはありませんでした。

容量の大きい外付けドライブを使えばシステムイメージごとバックアップ出来るようになると思いますが、大容量の外付けドライブを用意するまでバックアップが全く出来ないという不便はなくなりました。


関連ブログ

Windows10のバックアップと復元を使ってみました
[Windows10] バックアップボリュームにアクセスできない原因と対処方法
[Windows8] Paragon Hard Disk Manager


0 件のコメント:

コメントを投稿