2015年1月24日土曜日

Android Studioを使ってみました

Android Studio 1.0
Android Studioは長いことベータ版の公開が続いていましたが、2014年12月に1.0が公開されたので使ってみました。

Android Studioとは

Google公式のアンドロイドアプリケーション開発環境です。IntelliJ IDEAをベースに構築されています。
Eclilpseと比べてAndroid Studioの優位な点はビルド方法の違う複数種類のapkを生成できる点などでしょうか。


環境

・Windows8.1
・Android Studio 1.0


Android Studioのインストール

Android Studioは次のリンク先からダウンロードできます。
http://developer.android.com/sdk/index.html
Windows用exeファイルをダウンロードして実行すればインストールできます。
ですが、個人的にインストーラー形式よりポータブル形式の方が好きなのでリンク先の下の方にある
android-studio-ide-(略)-windows.zip
をダウンロードして解凍して使うことにしました。

ポータブル形式を使う場合はリンク先にあるSDK Tools Onlyもダウンロードする必要があります。
SDK ToolsはEclipse用に使っていたものがそのまま使えました。


Java SE Development Kit 7 (JDK7)のインストール

Android Studioを使うにはJDK7が必要です。
インストールしてない場合はJDK7は次のリンク先からダウンロードします。
http://www.oracle.com/technetwork/jp/java/javase/downloads/jdk7-downloads-1880260.html
ライセンスに同意の上、Accept License Agreement をクリックするとダウンロードできます。
32bitならWindows x86を、64bitならWindows x64をインストールします。


Android Studioの起動

Android Studi本体は解凍したフォルダーの bin の下にあります。
32bit OSならstudio.exe、64bit OSならstudio64.exeかstudio.exeをダブルクリックで起動すると思います。

初回起動時は設定が必要です。
設定をインポートするか聞かれますがインポートする設定ファイルがないので下を選択してOK
Setup WizardはStandardで。
License Agreementはライセンスに同意したら右下のAcceptを選択してFinish。
この後Buiold-toolsの自動ダウンロードで待たされます。 JDK7がインストールされたパスを聞かれたら設定します。
64bit版Windowsに jdk-7u71-windows-x64.exe をインストールしたのなら
C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_71
のようなパスになると思います。


Eclipseで作ったプロジェクトをインポートする

Android StudioはEclipseを作ったAndroidアプリのプロジェクトをインポートすることが出来ます。
Welcome画面でImport Non-Android Stuiod Projectをクリックすると出来ます。
ただしインポートしただけで動くEclipseプロジェクトは少なく、ほとんどはGradleの設定を変える必要があるようです。


フォントの設定を変更する

メニューの
File - Settings
を開いて
Editor - Colors & Fonts - Font
の画面を開きます。初期設定は変更できないようなので「Save As...」ボタンをクリックします。

適当なスキーマ名(SCheme name)を設定します。「MySetting」など
これでフォントの種類や大きさを変更できるようになりました。


エディターに行番号を表示する

メニューの
File - Settings
を開いて
Editor - Appearance
の show Line Numbers をオンにすると表示されます。


エディターにTabを表示する

メニューの
File - Settings
を開いて
Editor - Appearance
の Show whitespacesをオンにすると表示されます。


チュートリアル

下記リンク先にAndroid StudioでAdmobを表示するまでの手順が紹介されてます。
https://developers.google.com/mobile-ads-sdk/docs/admob/android/quick-start
英語ですがEclipseでAndroidアプリを開発したことがあれば分かる内容です。
アプリケーションの初期設定ではパッケージ名ではなくドメイン名を入力するとか、Gradleの設定を変えたら「Sync Project with Gradel Files」をクリックする必要があるなど、Eclipseとの違いが分かります。

Projectウィンドウのドロップダウンメニューで表示内容をAndroidにしないとマニフェスト(AndroidManifest.xml)が表示されないのは使いにくいですね。
マニフェストはプロジェクトウィンドウ左上をクリックしてAndroidを選択してここ

build.gradel はプロジェクトウィンドウ左上をクリックしてProjectを選択してここここか、Gradle Scriptsの下


ファイルがごっそり消える現象

Android Studioのインストールフォルダーにサブフォルダーを作ってプロジェクトを保存したら、Android Studioをアップデートした時にプロジェクトがサブフォルダーごと消えました。
アップデート時に不要なファイルがフォルダー内にあると自動的に消すようです。
そもそもプログラムフォルダーにデータを保存するのはいいことではありません。


Eclipseとの違い

ごく一部ですがEclipseと比べて戸惑った点を挙げてみました。
  • マニフェストのxmlファイルを編集するためのGUIがないらしい
  • minSdkVersionの設定変更はマニフェストとbuild.gradleの両方を買える必要がある
  • GUIのレイアウトエディターは表示するウィジットをEditModeで実行しているようで、ApplicationContextを使うメソッド(getResourcesなど)を呼び出すウィジットのサブクラスは
    The following classes could not be instantiated
    というエラー扱いになる
など



関連ブログ

[Android] Google Play Services APIを使うアプリが動かなくなった
[Android] Unable to execute dex でアプリが起動しなくなった

以上、参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿