2013年3月30日土曜日

[セキュリティ] Twitterに「スパム、または安全でない」と誤認されたら

How to make Twitter unblock URL
2013年3月、当ブログ blog.fujiu.jp がツイッターにて「スパム、または安全でない」と誤認されました。
数日の間、サイトのURL(http://blog.fujiu.jp)を含むツイートができないようにブロックされていました。

日本語の場合
ツイートに含まれているURLのリンク先ページはスパム、または安全でないコンテンツが掲載されている可能性があります。
英語の場合
Oops! A URL in your tweet appears to link to a page that has spammy or unsafe content.

「スパム、または安全でない」と判定する基準は不明ですが、一例としてサイトがマルウェアに感染したと認識した場合はブロック対象になるようです。

サイトがマルウェアに感染したかどうかは、Googleのセーフ ブラウジングで調べられます。
http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=http://サイトのURL
マルウェアに感染していることが分かったらすぐに対策しなければ行けません。

当サイトはマルウェア被害はありませんでした。
http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=http://blog.fujiu.jp

安全であることが分かったらツイッターのヘルプセンターからブロックの解除を依頼します。
https://support.twitter.com/forms/spam
次のように入力しました。

入力後、ツイッターから「Thanks for your email.」で始まるメールが届きました。
さらに数時間後、Twitter Support: update on "サイトのURL" という件名のメールが届きました。
そのメールには英語で次のような文章が書かれていました。
「そのURLはTwitterの規約違反としてフラグを設定し、ブロックしているためツイートできません」

メールの送り主に次のような文章を返信しました。英語は不得意なのでミスはご容赦ください。
Hello, (相手の名前).
I'm the administrator http://サイトのURL
This site is safe.
http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=http://サイトのURL
Please unblock the URL.
Thank you.
(自分の名前)
(自分のメールアドレス)

待つこと半日、「ブロックシステムが誤認したみたいです。ブロックを解除しました。sorry」という内容の英文メールが届き、無事ツイートできるようになりました。

なぜブロックされたのか?
誤認された原因は不明ですが勝手に推測させていただくと、当時はApacheの不正モジュール「Darkleech Apache Module」をはじめ、マルウェア被害やサイバー攻撃が相次いでいた時期です。
被害拡大を防ぐためブロックの判定基準を厳しくし、無害なサイトまでブロックしてしまったのかもしれません。
だとしたら、とんだとばっちりを受けたものです。
他にも誤認されたサイトがあるかもしれません。

念のため、PCのウィルススキャンすることをおすすめします。
ハードディスクをSSDに交換したらウィルススキャンが速くなりました。

関連ブログ
[Windows] PCをウィルス(マルウェア)の被害から守るために


以上、参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿