2012年6月30日土曜日

[BIOS] 起動しなくなったHP ProLiant ML115 G5が直った

HP ProLiant ML115 G5 dose not boot
過去にHP ProLiant ML115 G5にメモリーを増設したらメモリーを増設したら起動しなくなったということがありました。

その後もオーディオインターフェイスを増設したりCPUを交換したりするうちに、電源を入れても画面が真っ暗なまま起動しないことが多くなりました。
何度か電源を入れ直せば起動するので故障ではないようです。
起動した後も、ごく稀にIRQL_NOT_LESS_OR_EQUALというブルースクリーンが表示され再起動することもあります。

いろいろ試した結果、メインボード(マザーボード)のClear CMOS(SW2)ボタンを押したら安定て起動するようになりました
ただし、Clear Clear CMOSボタンはBIOSの設定が全て初期化されます
カレンダーと時計と累計起動時間が初期化され、BIOSに記録されているログまで消去されます。カレンダーは遙か昔の日付になってしまいました。
Clear CMOSボタンを押す前はBIOSの設定内容を全てメモしておくことをおすすめします。
押す必要があるかどうかはハードウェアの故障やデバイスドライバーの不具合など、他の原因と切り分けて判断するべきです。

また、今まではMemory Channel ModeをCombinedにしなければ起動しませんでしたが、COMSボタンを押した後はIndependent の設定でも安定して起動するようになりました。
ただし、Independent に設定してもWindowsエクスペリエンスの評価は変わりませんでした。

以上、参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿