2019年4月13日土曜日

[CUBASE] ステレオモニター環境でステレオとモノラルを切り替える方法

How to switch stereo to mono

CUBASE でモノラルで試聴しながらミキシングしたいことがあるのですが、当ブログの著者は一つのオーディオインターフェイスと左右一組のスピーカーしか手持ちがありません。
Control Room を使うとオーディオインターフェイスやスピーカーを増やさずにステレオとモノラルを切り替えることが出来たのでその方法をまとめました。
モノラルでモニタリングするとミックスダウン書きだしする前にスマホなどのモノラルスピーカーで聴いたらどんなミキシングになるかの目安になります。
元に戻す方法を覚えておかないと音が出なくなるので注意です。
blog.fujiu.jp [CUBASE] ステレオモニター環境でステレオとモノラルを切り替える方法


環境

  • Windows 10
  • CUBASE Pro 10
  • ASIO 対応オーディオインターフェイス


Contorol Room から出力する設定に変更する方法

メニューの
スタジオ -> オーディオコネクション
Contorol Room
をクリックしてオーディオコネクションを開きます。
Control Room タブを選んで Control Room をオンにします。

初めて Control Room をオンにすると下のようになると思います。
パス名が一つもない場合は「チャンネルを追加」ボタンでステレオの Monitor を追加してください。

Left のデバイスポート欄をクリックしてオーディオインターフェイスの左チャンネルに設定します。

警告が出るので続行をクリックします。

デバイスポート欄の Right にはオーディオインターフェイスの右チャンネルを設定します。

メニューの
スタジオ -> Control Room
をクリックして Control Room を次のように設定します。
Control Room チャンネルをオンにし、ダウンミックスプリセットを Mono に設定します。

これでモノラルで試聴出来るようになりました。
ダウンミックスプリセットを Stereo に戻すとステレオで試聴出来ます。


元の設定に戻す方法

ステレオ出力の設定に戻すには、オーディオコネクションの出力タブをクリックします。
Contorol Room で選択したデバイスポートが未接続になっているのでオーディオインターフェイスの設定に変更します。

これで元のステレオ出力の設定に戻ります。


CUBASE Pro 9 でも同様に設定出来た

一つ前のバージョンの CUBASE ではメニューが若干違いますがほとんど同じ操作方法でステレオとモノラルの切り替えが出来ました。


関連ブログ

[CUBASE 10] オーディオイベント発音するタイミングを一致させる方法 (オーディオアライメント)
[Cubase Pro] Frequency で M/S 処理をする方法
無償のソフトウェアシンセサイザー KOMPLETE START を使う方法
[Cubase] サンプラートラックで短い音を長いく再生する方法
[Cubase Pro] Frequency で M/S 処理をする方法
Cubase Pro 9.5 無料体験版を使う方法
[CUBASE9] ボーカロイドをAudio-Insする方法


0 件のコメント:

コメントを投稿