2019年3月30日土曜日

[CUBASE 10] オーディオイベント発音するタイミングを一致させる方法 (オーディオアライメント)

How to align pronunciations positions

CUBASE 10 はオーディオイベントの開始のタイミングを別のオーディオイベントに一致させるオーディオアライメントという機能が追加されました。
「音源の近くで録音したオーディオ素材と離れた場所で録音したオーディオ素材」や「右チャンネルと左チャンネルを別の機材で録音したオーディオ素材」のように、別々のマイクや機材で録音したオーディオは録音を開始したタイミングが異なることがあります。
オーディオアライメントを使うと「発音が開始するタイミング」を自動でそろえることが出来ます。
実際にオーディオアライメントを使ってオーディオイベントの発音が開始するタイミングそろえてみたのでその方法をまとめました。
blog.fujiu.jp オーディオイベントの開始タイミングを一致させる方法 (オーディオアライメント)


環境

  • Windows 10
  • CUBASE Pro 10


開始するタイミングを合わせたいオーディオイベントをプロジェクトにインポートする

同じ音源を別のマイクで録音したつもりのオーディオイベントを用意しました。
上が元の音源で、下がタイミングを合わせたい音源です。
下のオーディオイベントの方が再生するタイミングが進んでいるので上のオーディオイベントに合わせます。
blog.fujiu.jp オーディオイベントの開始タイミングを一致させる方法 (オーディオアライメント)

メニューの
Audio -> オーディオアライメントパネルを開く
をクリックします。

元の音源のオーディオイベントをクリックしてオーディオアライメントパネルの参照先に追加します。

タイミングを合わせたいオーディオイベントをクリックしてオーディオアライメントパネルのターゲットに追加します。

オーディオアライメントパネルの「オーディオアライメントを実行」をクリックすると開始タイミングが一致する位置にイベントが移動します。

今まで目検討で手作業していた人にはありがたい機能です。


オーディオアライメントしたイベントをスナップしやすくする方法

オーディオアライメントで移動したオーディオイベントはイベントの開始位置がスナップ位置から外れることがあります。
オーディオパートにまとめると、アライメントしたタイミングを維持したままスナップできるようになります。
スナップから外したくないオーディオイベントを選択して、メニューの
Audio -> イベントをパートにまとめる
をクリックするとオーディオイベントがパートに内包されます。
パートの開始位置をマウスでドラッグしてスナップしたい位置まで伸ばします。


関連ブログ

Cubase Pro 10 にバージョンアップするメリットデメリット
無償のソフトウェアシンセサイザー KOMPLETE START を使う方法
[Cubase] サンプラートラックで短い音を長いく再生する方法
[Cubase Pro] Frequency で M/S 処理をする方法
Cubase Pro 9.5 無料体験版を使う方法
[CUBASE9] ボーカロイドをAudio-Insする方法


0 件のコメント:

コメントを投稿