2017年12月16日土曜日

JavaScript でグラフを作る方法 (Chart.js)

meta name='twitter:description' content='JavaScript で Webブラウザーにグラフを描けるChart.jsを使ってみました。多機能で便利です。' />

How to draw charts on web browsers with Chrat.js

Chart.js はWebブラウザーにグラフを描画できるMITライセンスのオープンソースJavaScriptライブラリーです。
グラフはWebブラウザーのcanvasタグで描画するため、普及率の高いWebブラウザーに対応できます。
この Chart.js を使ってWebブラウザー用のグラフを作ってみました。
blog.fujiu.jp JavaScript でグラフを作る方法 (Chart.js)


環境

  • Windows 7、Internet Explorer 11
  • Windows 10、Edge


固定データの棒グラフを表示する

Chart.js でグラフを表示するには、グラフ化したいデータを JSON 化し、 Chart.js のクラスを呼び出すだけです。
気象庁が公開しているCSVファイルから一部抜粋して簡単な棒グラフを作ってみました。

これをEdgeで表示するとこうなります。

14~19行目のJSONデータを表示したい内容に合わせて変更すればグラフを変更出来ます。


公開データをグラフ化する

一般公開されているCSVファイルの内容をJSONに変換してグラフ化してみました。
気象庁が定期的に更新しているCSVファイルをリアルタイムに棒グラフ化します。
ただし、 このブログを書いている時点では気象庁のWebサイトはクロスドメインアクセス (Access-Control-Allow-Origin) を開放していないため Windows 7 のInternet Explorer 11 でしか動作確認出来ませんでした。



参考にしたコンテンツ

Chart.js は棒グラフのほかにも折れ線グラフ・レーダーチャート・円グラフ・バブルチャート・散布図などがあり、棒と折れ線を重ねることもできます。
そのほか色やアニメーションなど多彩な機能を備えています。
ただし公式サイトは英語のみ。
http://www.chartjs.org/docs/latest/


関連ブログ

Windows10 で古い Internet Explorer を使う方法
Visual Studio Code で Angular の開発環境を構築する方法

0 件のコメント:

コメントを投稿