2012年12月15日土曜日

[Android] ONDA Vi30 双核版のAndroid4.1.1は使えるか?

The report on the firmware v2.0 on ONDA Vi30

前置き
今年の夏にONDA Vi30を買ったのですが、3週間後で部分的に故障しました。
故障内容は「バッテリー残量の表示が常に100%」というものです。ファームウェアを更新しても直りません。
バッテリー残量がどれだけ減っても表示は100%のままなので、油断すると使用中にバッテリーが上がります。
さらにバッテリー上がりを起こすと設定内容やインストールしたアプリがすべて消え、工場出荷時の状態に戻ります。
仕方ないので使わないときはシャットダウンし、使うときは充電しっぱなしにしていました。

ここから本題です。
2012年12月に最新のファームウェアVi30双核版_v2.0版固件が公開されました。
http://onda.cn/Tablet/ProductInfo.aspx?ProductId=208&d=down
このファームウェアでOSのバージョンをAndroid 4.1.1にアップデートできる模様です

早速更新してみたのですが・・・
ファームウェア更新後、起動途中の「ONDA」のロゴを表示したまま動作しなくなりました。
ホームキーを押しながら電源を入れるとAndroid system recoveryが起動するので、ファームウェアを何度か更新し直したら起動するようになりましたが、いろいろ問題があります。
Playストアがプリインストールされていない
シャットダウンすると設定内容がすべて消える。(強制的に電源を切断している様子)
shellでsuコマンドを実行できないので管理者権限で操作できない
日本語を入力する手段がない
・Wi-Fiやでブラウザーは正常に使える。

このままでは実用的ではありません。
元のファームウェア(1.5.5)に戻そうとしたのですが、Abort(失敗)してしまいます
/system/build.propのro.build.date.utcより古いファームウェアに更新できない仕様のようです。
管理者権限で操作できないのでro.build.date.utcの書き換えもできません。

というわけでVi30双核版_v2.0版固件への更新はお勧めしません

とはいえ、Android4.1.1はとても快適です。Vi30 双核版はAndroid4.0でも軽快に動作しますがAndroid4.1.1ではさらに軽快に動作します。
Vi30のロードマップは不明ですが、今後のバージョンアップでv2.x系ファームウェアの品質が向上すればもっと使いやすくなるかもしれません。

以上、参考になれば幸いです。

関連ブログ
[Android] ONDA Vi30 双核版を買いました
[Android] ONDA Vi30はThumbモードとARMモードのどちらが速いのか?
[Android] ONDA Vi30 双核版のファームウェア更新、トラブルシューティング、バッテリー改善など

2 件のコメント:

  1. 12/24付の2.0アップデートを使用したらうまくいきましたよ。
    (カーネルバージョン等は掲載のスクリーンショットと同じでした)
    アップデート後1度ONDAロゴで止まりましたが、再インストールで無事に起動しました。
    バッテリーが100%状態から動かないのは私もなりましたが、アップデートしたら治ったようです?(挙動が怪しいのですが)
    Google Playも入っていて、設定も消えないので普通に使えました。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      今の時点で公式サイトは12/04版へのリンクしかないので12/24版が公開されてることに気付きませんでした。
      参考にさせていただきます。

      削除