2012年5月19日土曜日

Windows8 を VirtualBox にインストールする

How to install Windows8 in Oracle VirtualBox
以前のブログ、Windows8をVMWare Playerにインストールする http://blog.fujiu.jp/2012/05/windows8vmware-player.html では Windows8 のインストールがうまくできませんでした。

その後、Oracle の VirtualBox にインストールしたところ、うまく動作しました。
ホストOSの環境は Windows7-64bit、CPUは仮想化対応のAMD 3.1GHz×4コアです。

Windows8のISOイメージファイルをダウンロードします。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/iso

VirtualBox をダウンロードします。Vmwareと違ってユーザー登録が不要なので簡単です。
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

VirtualBox のインストール画面は英語ですが、初期設定のまま進めて問題ないようです。インストール後は日本語で起動します。
インストールが終わったら早速起動します。

左上「新規」

「次へ」

名前は Windows8 にしました。OSタイプのバージョンは 「Windows8 (64bit)」にしました。32bit版をインストールする場合は「Windows8」にします。

メモリーは2096MBに設定しました。

そのまま「次へ」

そのまま「次へ」

「場所」に仮想化のイメージファイルを保存するパスを指定します。MtkはDドライブのサブフォルダーに変更しました。

「Create」をクリック

「Create」をクリック

画面上部の「起動」をクリック

「OK」をクリック

メニューの
デバイス - CD/DVDデバイス - 仮想CD/DVDのディスクファイルの選択
をクリックして Windows8 のisoファイルを指定します。

仮想マシンをリセットします。

ISOイメージからブートさせると起動しました。
VirtualBox のスクリーンショットをとるにはキーボード右側のCtrlキーを押してキャプチャーを解除してからPrintScrenキーを押します。

この後は普通にWindowsのセットアップをするだけです。

Visual Studio 11 もインストールしてみました。1時間くらいかかりました。
ダウンロードURL
http://www.microsoft.com/visualstudio/11/ja-jp/downloads

動作はそれなりに遅いですが、正常に動くことが確認できました。

以上、参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿