2012年4月14日土曜日

[Android] エミュレーターの動作を少しでも速くするには

How to make Android-Emulators be faster

Androidアプリの開発に動作テストは欠かせません。
特にAndroid-SDK付属のエミュレーターはOSのバージョンや画面サイズが指定できるので動作テストでは重宝します。
しかし、動作が遅くてとても効率が悪いです。

今までの開発経験からエミュレーターの動作を少しでも速くする方法を挙げてみます。
※全ての環境で速くなる保証はありません
  1. r17以降のバージョンのAndroid-SDKを使う
  2. 開発用PCはデュアルコア以上のCPUを使う
  3. テスト対象のアプリが起動したらEclipseのデバッグを切断する
1.r17以降のバージョンのAndroid -SDKを使う
Android-SDKはr17からエミュレーターの動作我はなくなりました。
特に起動時間が大幅に短縮されました。

2.開発用PCはデュアルコア以上のCPUを使う
当然ですが、開発用PCはシングルコアCPUよりデュアルコアCPUの方がエミュレーターが速く動作します。
ちなみにWindows7ではデュアルコアとクアッドコアではエミュレーターの体感速度は変わりませんでした。

3.テスト対象のアプリが起動したらEclipseのデバッグを切断する
テスト対象のアプリがエミュレーターで起動したら、画像のこのボタンをクリックするとエミュレーターが速くなります。
ただし、切断するとステップ実行できなくなるのでご了承ください。
切断してもできることLogCat(Androidのログ)の出力はそのまま動作します。

以上、参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿