2011年12月17日土曜日

[Android] x86用Android4.0(ics-x86)はVmwareで使えるか?

Trying to run Android4.0-x86 on Vmware

x86用Android4.0が公開されました。
Android-x86(http://www.android-x86.org/download)が次の4つのプラットフォーム用にAndroid-x86-4.0-devel を公開しました。
・AMD Brazos
・ASUS laptop
・ASUS Eee PC
・Tegatech tegav2 tablet

無理を承知でこれらのディストリビューションをVmwareで起動してみました。
関連ブログ [Android] VmWare PlayerでAndroidをデバッグする
起動する操作は次の通りです。

Vmwareを起動し「新規仮想マシンの作成」をクリック

「インストーラーディスクイメージファイル」をクリックし、ダウンロードしたisoファイルを選択して次へ

仮想マシン名はご自由に。Mtkは「android-x86-4.0」と入力しました。
格納場所はデフォルトのままでも結構です。Mtkは十分な空き容量のあるDドライブを指定しました。

ディスク容量の指定はデフォルトのままで結構です。Mtkは1GBにしました。

完了

ここからは操作方法が変わります。
Vmwareのウィンドウをクリックすると、マウスポインターが消えてVmwareだけ操作できます。
Windowsの操作に戻るにはCtrlキーを押しながらAltキーを押します。
この画面ではカーソルを一番下のInstallationに移動しEnterを押します。

インストールが始まるのですが・・・

検証した結果
android-x86-4.0-devel-amd_brazos.iso
ブートから先に進まず。

android-x86-4.0-asus_laptop-20111209.iso
インストールしようとするとディスクのフォーマットに失敗して先に進まず。
ライブCDではnot asusの警告が出て先に進まず。

android-x86-4.0-eeepc-20111209.iso
ライブCDは起動するものの、ほとんど操作を受け付けず。

android-x86-4.0-eeepc-20111209.iso
ブートから先に進まず。

というわけで、残念な結果となりました。

今のところ、PCで動作するAndroid4.0エミュレーターはAndroid-SDK-r15に含まれる公式のみのようです。
公式エミュレーターはARMをエミュレートしているので再現性は高いのですが、遅くて不安定なのが玉に瑕です。

以上、参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿