2011年10月15日土曜日

[Android] LYNX3D (SH-03C) をAndroid2.2にバージョンアップ

How to upgrade LYNX3D
今更ですが、Android2.1のLYNX3DをAndroid2.2(ビルド番号02.01.00)にバージョンアップしました。
詳細はこちら→LYNX 3D SH-03Cのバージョンアップ情報

手順を簡単に説明します。
  1. LYNX3DをWindows PCにUSBケーブルで接続する。
  2. USBドライバをダウンロードし、Windows PCにインストールする。
  3. メジャーアップデートツールをダウンロードし、Windows PCにインストールしたら起動する。
  4. メジャーアップデートツールの指示通りにLYNX3Dの画面を開く [設定]-[端末情報]-[メジャーアップデート]-[アップデートの確認]、[アップデートの実行]
最後の[アップデートの実行]はメーカーの発表で60分以上とされています。Mtkの環境で40分くらいでした。

バージョンアップ後は端末がオールリセットされた状態になります。たとえばこんな設定がリセットされます。(この他にもあります)
  • 3G回線を使う設定に戻された。
  • Wi-Fiを使わない設定に戻された。(これは酷い)
  • Wi-Fiアクセスポイントの設定が消えた。(これも酷い)
  • Wi-Fiスリープ設定が購入時の状態に戻された。
    これが一番酷い!この仕様がまるでWi-Fi sync Screenの問題のようにコメントされました
  • 壁紙の設定が購入時の状態に戻された。
  • GPSの設定がオフに戻された。
  • 開発用設定の「USBデバッグ」「スリープモードにしない」「疑似ロケーションを許可」もオフに戻された。
アプリ個別の設定は影響ないのですが、端末の設定と連動しているアプリは挙動が変わるかもしれません。

バージョンアップ後はタップやフリックの反応が向上して操作しやすいし、ライブ壁紙はかっこいいし、YouTube3Dはおもしろいです。

自動で追加されたライブ壁紙

そして、Android2.1のLYNX3DはOpenGLを使うとアプリケーション終了後もバッテリーが減り続ける奇病があったのですが、バージョンアップで治りました。
時間をかけてバージョンアップした甲斐がありました。
こう言うサービスを受けると本当に買ってよかったと思います。

以上、参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿