2011年9月17日土曜日

[PlayStation] DUALSHOCKの修理

Repairing a broken DUALSHOCK

プレステ2のコントローラDUALSHOCK2が誤動作するようになってしまいました。
振動すると、触ってないはずの×ボタンとL1ボタンが押されたような動作をします。
コントローラーを本体から抜き差ししても誤動作するので分解してみました。
ボタンや配線やハンダに異常はなさそうです。
ただし、赤丸で囲んだモーターのスポンジが劣化しています。
おそらくモーターに遊びができてしまい、回転した瞬間に基板に干渉していると思われます。

ホームセンターやカー用品店で売られている「制振テープ」とか「隙間テープ」を用意して修復します。上の画像のコントローラーの下に写っているものがそれです。
モーターに張られていたスポンジの厚さは1mmほどでした。今回用意できたのはそれよりちょっと厚めですが問題ありませんでした。
エーモン 防音テープ 3mm厚

エーモン 防音テープ 3mm厚
950円
(税込、送料別)

ホルツ防振、防音テープ 5mm厚

ホルツ防振、防音テープ 5mm厚480円
(税込、送料別)

古いスポンジは強力な両面テープで貼られているので根気よくはがします。
はがした後に新しいスポンジを貼り付けます。
後は元通りに組み立てます。

これで誤動作しなくなりました。

以上、参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿