2014年11月1日土曜日

[エンスー] アクセルを踏んだ分だけの加速をしない(エンジンの息継ぎ・プラグのくすぶり)

以前のブログ で自動車の点火プラグを交換したのですが、半年も経たずにアクセルペダルを踏んでも加速が非常に鈍るようになってしまいました。
点火プラグを外してみたら焼け方がばらばらでカーボンもたまってました。

原因はエアクリーナー

いろいろ試した結果、エアクリーナー表面の埃を掃除機で吸い取ったら改善しました。
エアクリーナーの目詰まりのため空燃比が狂ってしまい、正常に点火できなかったようです。
インテークパイプの内側にはブローバイガスが原因と思われるオイルが付着していまた。
エアクリーナーは外側も内側も汚れていると思われるので近いうち交換です。

点火プラグのカーボンを落とす

長期間の使用によりカーボンが蓄積した点火プラグは交換するべきなのですが、今回は走行距離が1000km程度でカーボンだらけになってしまったので応急処置として洗浄することにしました。
エンジンコンディショナーという洗浄剤で湿らせた布で軽く拭き取りました。
狭い場所は洗浄剤で湿らせた歯間ブラシで軽く磨きます。
点火プラグに傷を付けてはいけないし、正常に点火すれば自浄作用が働くのでカーボンを完全に取り除く必要はありません。

結果は?

アクセルを踏んだ分だけ加速するようになりました。
エアクリーナーはエアクリーナーボックスに覆われていて、ボンネットを開けても目に入らないので盲点でした。

関連ブログ

[電子工作] 車載用オーディオのノイズを除去する (イレギュラーなグランドループ対策)
自動車の点火プラグ交換
[エンスー] ガソリンエンジンのオイル交換

以上、参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿