2012年3月17日土曜日

[Android] エコ技・技ありモードについて

先日、Sharp Androidアプリ開発テクニカルセッションに参加させていただきました。
シャープ製2012年秋冬モデルの端末はエコ技・技ありモードというバッテリーの消耗を軽減する機能が追加されました。
端末の画面が消灯中なら「技ありモード」はアプリケーションの特定の動作を一時的に止めます。sendBroadCastを無効にします)
アプリケーションを一時停止させることで、バッテリーが最大2.5倍長持ちするとのことです。

その副作用として正常なアプリケーションが動かなくなる可能性があります。
バックグラウンドでBroadCastを送信・受信するアプリケーションは確実に影響を受けます
2012年3月時点で「技ありモード」を搭載する端末は次の通りです。
docomo SH-01D
SH-02D
SH-04D
SH-06D
Softbank 101SH
102SH
103SH
104SH
DM011SH
DM012SH
au IS13SH
IS14SH
INFOBAR C10
EMOBILE A01SH
WiMAXモデル EB-A71GJ

画面消灯中の動作が必要なアプリケーションは「省エネ待受対象外リスト」に設定することで動作するようになるとのことです。
セキュリティ保護のためのアプリケーションは省エネ待受対象外リストに設定するべきだと思います。

最近、QuickPicというアプリケーションが日本のPlayストア(旧Androidマーケット)での公開を停止するということがありました。
理由は日本だけ「ファイルが消えた」というクレームがが多いとの理由でした。
日本で販売されているAndroid端末はそれぞれに個性的な独自仕様が盛り込まれているため、クレームの原因は独自仕様によるものではないかと思います。

「技ありモード」はユーザーの不満の一つであるバッテリーの持ち時間を改善するすばらしい機能です。
しかし、Ansroid-SDKの仕様を逸脱した機能でもあります。
将来「技ありモード」がどう影響するか不明ですが、QuickPicのように日本のユーザーによるクレームが炎上する可能性は十分にあり得ます。

以上、参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿