2014年4月19日土曜日

[CUBASE] グループチャンネルとFXチャンネルの違いと使い分け


CUBASEにはグループチャンネルとFXチャンネルという機能があります。
「アウトプットのルーティング」をグループチャンネルかFXチャンネルに設定すればグループチャンネルかFXチャンネルを経由して出力させることが出来ます。

「Send」でグループチャンネルやFXチャンネルに設定すれば、元の音源の出力はそのままに、は別のチャンネルに並列に出力することが出来ます。

どちらも似たような機能ですが、次のような違いがあります。

プラグインレイテンシーの補正の解除」を有効にしたとき
グループチャンネルにインサートしたレイテンシーの大きいエフェクトはオフにされる
FXチャンネルは何も影響を受けない

実際に確かめてみます。
このブログを書いている時点の環境は次の通りです。
・Windows8 64bit
・CUBASE7.5 64bit

FXチャンネルとグループチャンネルを用意し、それぞれにレイテンシーの大きいCurveEQをインサートします。

「プラグインレイテンシーの補正の解除」を有効にします。

グループチャンネルのCurveEQが解除されました。

「プラグインレイテンシーの補正の解除」を有効にするのは、録音済みのパートを聴きながら別の音源を録音する時が多い思います。

FXチャンネルは録音するときも有効にしておきたいエフェクト(リバーブなど)をインサートし、各チャンネルからSendさせる使い方に向いてると思います。
グループチャンネルは録音完了後、ミキシングの工程でマルチトラックで録音された音源(ドラムなど)を「アウトプットのルーティング」でまとめて音量や音質を調整する使い方に向いてると思います。

※個人的な案なので必ずこうしなければいけない訳ではありません。


以上、参考になれば幸いです。

2014年4月16日水曜日

[Applicaton] ザ・数唱がアンドロイダーに掲載されました

Androidアプリ「ザ・数唱」がアンドロイダーに掲載されました。   
https://androider.jp/official/app/4e0905382d72b076/

アンドロイダーは「ユーザーと公認アプリ開発者が一緒になって情報発信していくアンドロイドアプリ情報サイト」です。
隊員としてユーザー登録すると公認アプリに推しレポや欲しレポが出来るユニークなポータルサイトです。

掲載して頂きありがとうございました!

2014年4月12日土曜日

[Android] マニフェストに表示される警告(黄色三角のエクスクラメーションマーク)

How to correct the warning in the Manifest
Android SDKは、だいぶ前のバージョンからかAndroid Lintによるプロジェクト内の静的チェックが充実しました。
アプリケーションを実行しなくても一部のバグを発見できる反面、中にはお節介すぎるチェックもあります。
その代表格はこれでしょう。

Not targeting the latest versions of Android; compatibility modes apply. Consider testing and updating this version. Consult the android.os.Build.VERSION_CODES javadoc for details.

マニフェスト(AndroidManifest.xml) の android:targetSdkVersion がAndroidの最新バージョンに設定されていない場合に表示される警告です。
この「Androidの最新バージョン」はSDKのことをのではなく、AndroidOSのAPIレベルのことを言っているようです。
このお節介な警告を表示させない方法について考えてみました。

このブログを書いている時点の環境は次の通りです。
・64bit版 Windows8
・32bit版 Eclipse3.7 (Windows XPモードで使用)
・Android-SDK r22.6.1
・Androidの最新のAPIレベルは19

解決方法1・targetSdkVersionに最新バージョンを設定する

マニフェストのtargetSdkVersionに最新のAPIレベルを設定すれば警告は消えます。

解決方法2・このLintだけ無効にする

上の解決方法は新しいAPIレベルが公開されるたびにEclipse内のすべてのAndroid用プロジェクトのマニフェストを設定し直す必要がありそうです。
別の方法として警告を表示しないように設定することもできます。
Eclipseのメニューから
ウィンドウ - 設定 - Android - Lint
を開き、Issues: に「OldTargetApi」と入力すれば目的の項目が絞り込めると思います。
右下のSeverityを Ignore に設定します。

スクリーンショットです。一部日本語化しています。

この警告は今のところ無視しても影響がないようです。
だたし、将来どのように仕様が変わるか分かりません。
新規にAndroidプロジェクトを作成したら、targetSdkVersion にはその時点で最新のAPIレベルを設定しておいた方がいいと思います。
同時に最新のAPIレベルのエミュレーターでの動作テストをすることもお勧めします。

関連ブログ
[Android] アナログ時計アプリをライブ壁紙に改造する
[Android] SurfaceViewのアナログ時計アプリ
[Android] アナログ時計のアプリを作ってみました
[Android] アナログ時計のアプリをC/C++で改良
[Android] ストップウォッチアプリを作ってみました
[Android] ストップウォッチアプリの表示をC言語でスムーズに改造する
[Android] 方位センサーを使ってコンパスアプリを作る
[Android] Javaのstaticクラスから非sataticメソッドを呼び出すには
[Android] OpenGLの簡易画像ビュアーにSDカード内の画像を表示する
[Windows8][Android] EclipseをXP互換モードで起動する理由(Can't bind to local 8600 for debugger)
[Android] Android-SDKでやってはいけないこと
[Android] Toastに画像やボタンを表示するには
[Android] ライブ壁紙の作り方
[Android] Activityに時計を表示する(Activityの非同期更新)
[Android] Webコンテンツを強制的に表示するには
[Android] Toastをcancelするには

以上、参考になれば幸いです。 以上、参考になれば幸いです。

2014年4月5日土曜日

[Android] アプリからツイートするとハッシュタグが消える(URLエンコード漏れ)

The reason why tags disappear from URL
Androidアプリからツイッターに投稿する(ツイートする)方法は色々あると思いますが、一番簡単なやり方は次のようなURL文字列をIntentに渡す方法かとおもいます。

https://twitter.com/intent/tweet?text=ツイートしたい内容
※あまりいい例ではありません

サンプルとして、起動するとツイートの投稿画面を表示するソースは次のようになります。
開発環境は次の通りです。
・64bit版 Windows8
・32bit版 Eclipse3.7 (Windows XPモードで使用)
・Android-SDK r22.6.1

アクティビティ(MainActivity.java)


特別な権限は不要なのでマニフェスト(AndroidManifest.xml)は省略します。
Target SDK Version が4以上の設定でビルドできます。
Android1.6以降で動作します。

これを起動するとブラウザーなりツイッター用アプリが起動します。

ところでツイッターにはハッシュタグという機能があります。
#(半角シャープ)の後に続いた文字列はハッシュタグとされ、タップするだけで同じハッシュタグを簡単に検索できます。
ただし、次のようなURL文字列をIntentに渡すとハッシュタグが消えてしまいます。

https://twitter.com/intent/tweet?text=ツイートしたい内容 #fujiu_jp



実行しても「#」より後ろの文字はすべて消えてしまいます。

#(半角シャープ)を含む文字列はURLとして特殊な意味を持つためです。
#(半角シャープ)を「%23」に置き換えるとハッシュタグ付きのツイートが出来るようになります。
https://twitter.com/intent/tweet?text=ツイートしたい内容 %23fujiu.jp

他にも&(半角アンパサンド)や=(半角イコール)のように特殊な意味を持つ記号はるので一つずつ置き換えるのは手間がかかります。
そもそもURLに含めるパラメーターはURL用にエンコードするべきです。
上の例で「いい例ではない」と書いたのはURLにエンコードしてない文字列を含めたためです。
ツイートしたい文字をUriクラスのencodeメソッドを使えばエンコードされるので安全です。


これで特殊な意味を持つ文字を入力しても正常にツイートできるようになります。
ツイッターへの投稿に限らずURLのパラメーターはのURLエンコードすることをお勧めします。

ツイッターに投稿できるAndroidアプリ ザ・数唱 / Digit span PLAY を公開しました。

以上、参考になれば幸いです。

2014年4月4日金曜日

ザ・数唱 が Applivに掲載されました

Androidアプリ ザ・数唱 が Androidアプリ発見サイト -Appliv に掲載されました。
http://android.app-liv.jp/001228074/
Appliv[アプリヴ]は ランキングとレビューから探せるAndroidアプリ情報サイト -Appliv とのことでたくさんのアプリが掲載されています。
スマートフォンをお持ちの方はもちろん、そうでない方も是非ご覧下さい。

掲載して頂きありがとうございました。

2014年4月1日火曜日

[Android] ザ・数唱 v1.01を公開しました

Androidアプリケーション ザ・数唱 / Digit span PLAY / 數字跨度 / 수반복 をv1.01にバージョンアップしました

V1.01での変更内容は次の通りです。
Facebookへの投稿ボタンを追加しました。ゲーム終了時、2点以上獲得しているとFacebookやTwetterへ投稿できます。

アプリの内容紹介

ザ・数唱は短期記憶力が勝負の数字記憶ゲームです。
記憶力に自身がありますか?
メモをとらなくても聴いた内容を覚えられますか?
ザ・数唱の読み上げられた数字を記憶して答えるゲームです。
ワーキングメモリーと呼ばれる短期記憶の能力が高い人ほど沢山の数字を覚えられます。
メモをとらず記憶力だけでチャレンジしてください。
ナビゲーターは初音ミク(日本語、英語)、洛天依(中国語)、SeeU(韓国語)です。

Android2.3以上対応、HVGA以上の解像度推奨、縦画面専用
価格は無料

ザ・数唱 / Digit span PLAY はGoogle Playから無料でダウンロードできます。
※ダウンロード前に エンドユーザーライセンス契約(EULA)プライバシーポリシー を必ずお読みください。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jjp.fujiu.digitspan

ザ・数唱 / Digit span PLAY の詳細はこちらからご覧いただけます。
http://www.fujiu.jp/AndroidApp/app010_digitspan.shtml

Digit span PLAY is the game.
You should input the numbers that the navigator read out.
Make your working memory excel.
Don't make memos.
Navigators :
HATSUNE MIKU (English, Japanese)
LUO TIANYI (Chinese)
SeeU (Korean)

數字跨度 (Digit span PLAY) 是游戏。
你应该输入的数字,导航器读出。
别拿备忘录。
向导 :
洛天依 (中文)
初音未来 (日语、英语)
SeeU (韩语)

수반복 (Digit span PLAY) 은 게임이다
당신은 네비게이터가 읽어 해당 입력 번호를해야합니다
메모를 작성하지 마십시오
안내인 :
시유 (한국어)
하츠네 미쿠 (일본어, 영어)
루오 티엔 (중국어)

使用したMMDモデル
Lat式 初音ミク、Tda式 初音ミク、ままま式 SeeU、ケミリア式 洛天依
Copyright (C) CRYPTON FUTURE MEDIA, INC. All Rights Reserved.
Copyrignt (C) SBSARTECH. All rights reserved.
Copyright (C) 上海禾念信息科技有限公司 All rights reserved.

2014年3月29日土曜日

[Windows] FirefoxでFlashがクラッシュ

How to coexist with Adobe Flash the clasher
ATOK2013をインストールして以来、FirefoxでFlashが頻繁にクラッシュするようになりました。
ATOKの2013より古いバージョンならFlashがクラッシュすることはないのですが、Windows8に完全対応しているのが2013以降のため古いバージョンを使うわけにはいきません。
ATOK2013のテキストサービスを無効にするとクラッシュを避けられるようですが、ATOKバーが表示されなくなって不便です。その上、テキストサービスを無効ににしてもFirefoxがフリーズしてしまうことがあったためテキストサービスを有効のまま使用しています。

すぐにクラッシュするFlashと共存する方法を考えてみました。

環境は次の通りです。
・64bit版Windows7、64bit版Windows8 のどちらも
・64bit版ATOK2013
・32bit版Firefox 27.0.1

FirefoxにFlashblockという拡張機能をインストールする

Flashblockという拡張機能をインストールするとFlashコンテンツを自動でロードしなくなります。
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/flashblock/
Flashblockインストール後、Flashコンテンツはこのように表示されます。
Flashがロードされてないので不意にクラッシュされることを防ぐことが出来ます。
クリックすればFlashが再生されます。
ただしFlashを再生した後のクラッシュは防ぐことは出来ません。
Flashをブロックすることでコンテンツが正常に動作しなくなることもあります。


Youtubeの動画プレイヤーをHTML5プレイヤーに設定する

いろいろなサイトにYoutubeの動画プレイヤーが埋め込まれています。
Flashがクラッシュした後の様子を見ると、Youtubeの動画プレイヤーが表示されていたことが多いです。
Youtubeは設定を変更すると、Flashを使わずに動画を再生することが出来ます。
http://www.youtube.com/html5?hl=ja
のページから HTML5プレイヤーをリクエストする をクリックすると、Flashが使われなくります。Youtubeが原因でクラッシュすることはなくなります。


dom.ipc.plugins.hangUITimeoutSecsの設定を変える

Flashがハングアップすると、Firefoxがフリーズし操作を受け付けなくなります。
その後、警告の画面が表示されます。
この画面でプラグインを停止をクリックすればFlashがクラッシュしますが、Firefoxの操作をすることが出来るようになります。
初期設定ではハングアップしてから警告の画面が表示されるまで11秒に設定されています。
この時間設定を小さくすればフリーズしている時間が短くなります。
設定方法は、
Firefoxのアドレスバーに about:config と入力する
細心の注意を払って使用する をクリックする
検索に hangUITimeoutSecs と入力する
設定名から dom.ipc.plugins.hangUITimeoutSecs を探し、値を11より小さい数字に設定する
下の画像は3秒に設定したものです。
Flashがハングアップしてから短時間で停止することが出来るので無駄に待たされる時間が少なくなりました。


ATOK2013を使うのをやめる

Microsoft IMEならFirefoxのFlashが頻繁にクラッシュすることはありません。


Firefoxを使うのをやめる

ATOK2013をインストールした環境でも、Internet Explorerなど他のブラウザーはFlashが頻繁にクラッシュすることはありません。


以上がFlashのクラッシュを少なくするアイデアでした。

おまけ・謎のイベントログ

イベントビューアーを見ると、Flashがクラッシュしたタイミングでエラーが記録されています。


このCLSIDをインターネットで検索するとFlashによるものという主張を見かけます。
だとしたらFlashはユーザーが気付かないうちにアクセス許可の無い動作をしようとして失敗しハングアップしていることになします。
一体何をしようとしてるのでしょうね?

以上、参考になれば幸いです。