2018年4月8日日曜日

[DAW] Cakewalk (旧称 Sonar) の最新版を無料で使う方法

How to get Cakewalk by BandLab

一時期生産が終了していたオーディオ編集・作曲用ソフト Cakewalk製品の Sonar が BandLab ブランドから新製品として無料で公開されました。
インストールして起動するまでの方法をまとめました。
blog.fujiu.jp [DAW] Cakewalk (旧Sonar) の最新版を無料で使う方法


環境

  • Windows 10
  • ASIO 対応オーディオインターフェイス
  • MIDIキーボード


インストールする方法

公式サイト
https://www.bandlab.com/products/cakewalk
の Get Early Access Now をクリックしてインストーラーをダウンロードします。

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックすると Windows Defender SmartScreen が反応します。
悪意のある要素 (フィッシング・スパイウェア・ウィルスなど) を含んでいる可能性があるのでここから先は自己責任でインストールします。
詳細情報をクリックし、次の画面の実行をクリックするとインストール出来ます。

Facebook か Google のアカウントでログインします。
どちらのアカウントも使いたくない場合は Sign up now をクリックしてメールアドレスとパスワードを登録してアカウントを作成します。

次に表示される画面右上の Apps をクリックして 右下の Install をクリックします。

Install Cakewalk with additional content をクリックします。
これで自動でインストールが開始します。

インストールが完了するとスタートメニューに Cakewalk が追加されます。


起動する方法

スタートメニューから起動してみたところ、セキュリティソフトが反応しました。
許可してもブロックしても起動しますが、ブロックした場合は制限があるかもしれません。

初回起動時はオーディオインターフェイスと MIDI 機器などのセットアップがあります。

新しいプロジェクトを作成したところ無事に音が出ました。

インストール済みの VST プラグインは自動で認識され正常に使えました。
ただし下の画像のように Vocaloid4 Inst が選べますが、これは CUBASE 専用の Vocaloid4 Editor のため Cakewalk では使えません。実際に選択してみましたが何も出来ませんでした。


Cakewalk のプラグインを他の DAW で利用する方法

Cakewalk 付属の VST プラグインを CUBASE Pro 9 で利用出来るか試しましたが、プラグインマネージャーに追加したらブラックリストに登録されました。

「安定性の問題やプログラムのクラッシュの原因となる可能性」があるプラグインは CUBASE がブラックリストに登録する仕様のためです。
ブラックリストを選択して再アクティベートをクリックすればブラックリストから削除され利用出来ますが、次の再スキャンの時に再びブラックリストに登録されます。


関連ブログ

Cubase Pro 9.5 無料体験版を使う方法
[HALion] Steinberg の無償のサウンドライブラリーを使う方法
ProTools First のwavファイルはPlaySound関数で再生できるか?


0 件のコメント:

コメントを投稿