2017年7月1日土曜日

[CUBASE] WahWah でオートワウする方法 (サイドチェーン)

How to automate WahWah

CUBASE に付属する WahWah はエレキギターによく使われるバンドパスフィルターです。
WahWahを使ってギターの音量に合わせてバンドパス帯域を自動で上げ下げするオートワウを組む方法を試してみました。
blog.fujiu.jp [CUBASE] WahWah でオートワウする方法 (サイドチェーン)


環境

  • Windows 10
  • CUBASE Pro 9
  • ASIO対応オーディオインターフェイス

今回はCUBASEにオーディオトラックを追加してオーディオインターフェイスに接続したエレキギターにWahWahをかけて試してみました。
オーディオトラックの代わりにインストゥルメントトラックを使っても同じことができます。


サイドチェーンでオートワウできるが問題がある

WahWahはサイドチェーンをかければオートワウができます。
ところがサイドチェーンは別のトラックのエフェクトの動作をコントロールする機能です。
WahWahをインサートしたオーディオトラックはそのWahWahにサイドチェーンすることができません。


FXチャンネルにWahWahをインサートしてサイドチェーンすればオートワウできる

WahWahをオーディオトラックとは別のトラックにインサートすればサイドチェーンを入力させることができます。
ここからその手順の説明です。

WahWahをインサートするためにFXチャンネルを追加します。

FXチェンルにWahWahをインサートしサイドチェーンを有効にします。
次はオーディオトラックのチャンネル設定を変更します。
オーディオトラックのチャンネル設定で、出力先をFXチャンネルに設定します。
オーディオトラックのSendを有効にしてSend先をFXチャンネルの Ins. 1 - WahWah に設定します。
WahWahのサイドチェーンは0dBに近いレベルをSendしないと反応がありませんでした。
今回はシングルコイルピックアップのストラトで試したのですが、Pre GainとSendレベルをプラス側に大きく設定してオートワウ効果が得られました。
クリッピングを防ぐためにCompressorやMaxmizerをインサートして音量調整した方がいいと思います。
これでオートワウできるようになりました。


VST Bass Amp の Envelope Filter なら簡単にできる

VST Bass Amp の Envelope Filter は音量に合わせてフィルターの効果が変わるエフェクトです。
Envelope Filter ならインサートするだけで簡単にオートワウに近い効果が得られます。

なお、VST Amp Rack はサイドチェーンが使えず Envelope Filter もないので VST Amp Rack でオートワウする方法は今のところ未確認です。


関連ブログ

[CUBASE] グループチャンネルとFXチャンネルの違いと使い分け
[CUBASE9] ボーカロイドをAudio-Insする方法
バンドプロデューサー 5 で耳コピが楽になるか試してみました

0 件のコメント:

コメントを投稿