2016年8月13日土曜日

「Firefoxは現在Twitterに接続できません」の対処方法

How to fix to be unable to connect with SNS

2016年のはじめ頃からFirefoxの共有ボタン(髪飛行機のアイコン)からSNSの投稿ができなくなってしまう不具合が発生しました。
ツイッターへ投稿しようとすると次のようなメッセージが表示されます。
Firefox は現在 Twitter に接続できません。
英語版のメッセージは "Firefox is unable to connect with Twitter right now"
blog.fujiu.jp 「Firefox は現在 Twitter に接続できません」の直し方

このブログを書いている時点で最新版のFirefoxでもこの不具合は直ってません。
この不具合が起きたときの対処方法をまとめてみました。


環境

  • Windows 10
  • Firefox 47


対処方法1・Service Workerのオリジンを解除する

正しい直し方は今のところ不明ですが、同じ不具合のあった複数のFirefoxで直った方法が次の通りです。
FirefoxのURL欄に次の通り入力します。


登録されたService Workerの一覧が表示されます。

「オリジン: https://twitter.com」の直後にある 登録解除 (Unregister) ボタンをクリックします。

これでシェアボタンからSNSに投稿できるようになりました。

ただしFirefoxでTwitterのWebサイトを開くたびにService Workerが登録されてしまいうため、完全な解決手段ではありません。


対処方法2・Service Workerを無効にする

次の設定でService Workerを無効にすることができます。
about:config の画面で dom.serviceWorkers.enabled を false に設定してFirefoxを再起動します。
これでTwitterのWebサイトを開いてもService Workerが登録されなくなり、シェアボタンからいつでもSNSに投稿できるようになりました。


Service Workerを無効にしてよいのか

MDNによるとService Workerは2016年1月の時点で「ほとんどの機能は正しく動作しません」としています。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/ServiceWorker_API
不具合で困るようなら無効にした方がよいと思われます。


関連ブログ

[Fiferox] Firefox のURLの左に隙間が出来たときの直し方
JavaScriptをWebコンテンツを見ながらデバッグする
HTMLソースのミスやエラーを素早くチェックする
FirefoxでJavaSriptが応答しなくなるサイトの対策と高速化
[セキュリティ] Twitterの「このリンクは安全ではない」「このリクエストを保留しています」の対策2015年版

以上、参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿