2016年4月16日土曜日

[クラウド] Bluemix にJavaアプリを実装するまで

How to push java console applications for Bluemix

IBMのクラウドサービス・Bluemixを使って クエリちゃんの動画をランダムにツイート というアプリケーションを稼働させました。
blog.fujiu.jp [クラウド] Bluemix にJavaアプリを実装するまで

ソースはソースはGitHubに投稿してあります。
https://github.com/mtk-f/TweetNicoMovieForQuerychan

このアプリをBluemixで稼働させるまでの手順をまとめました。

環境

  • Windows 10
  • Eclipse Mars 2、Pleiades日本語化プラグイン


コンソールJavaアプリはjarファイルにエクスポートする必要がある

BluemixはEclipseで作ったJava EEアプリケーションをや配備するEclipse用プラグインが公開されていますが、コンソールJavaアプリはEclipseから配備することができませんでした。

今回作ったアプリケーションは、Main()メソッドから処理を開始するコンソールアプリケーションです。
BluemixにコンソールJavaアプリを配備するにはまずjarファイルにエクスポートします。
Eclipseでjarファイルにエクスポートする方法は次の通りです。

プロジェクトのプロパティーを開いてメイン・クラス項目にMainメソッドを持つクラスを設定します。

プロジェクトのエクスポートから 実行可能JARファイル をクリックしてjarファイルの保存場所とファイル名を指定するとエクスポートできます。


Bluemixにjarファイルを配備するにはcfコマンドを使う

Bluemixにjarファイルを配備するには cf.exe というコマンドラインインターフェイスをダウンロードして操作します。
コマンドプロンプトから文字入力による操作が必要なので難易度が高めです。

ダウンロードはこちら。
https://github.com/cloudfoundry/cli/releases

あらかじめWebのダッシュボードからBluemixのエンドポイントを調べておきます。
自分のエンドポイントはシドニーでした。

ここからコマンドプロンプトでcf.exeを使って操作します。

Bluemixのエンドポイントに接続します。
シドニーの場合の例:
cf api https://api.au-syd.bluemix.net

ログインします。
Bluemixにアカウント登録したメールアドレスが必要です。
例:
cf login -u メールアドレス -o メールアドレス -s dev
このあとパスワードを聞かれるので入力します。

jarファイルをアップロードします。
例:
fc push "アプリケーション名" -p "jarファイル名" -no-route

これでコンソールJavaアプリをBluemixに配備することができました。
配備したアプリケーションの開始や終了はcfコマンドからもWebのダッシュボードからも操作できます。


Bluemixを使ってみた感想

Azureに比べるとBluemixの日本人のユーザーは少ない印象ですが、丁寧に日本語翻訳された資料が公開されているので情報量には困りませんでした。
今回はコンソールアプリを試しましたが、Java EEアプリケーションを Websphere Application Server の仮想環境で運用すると威力を発揮しそうです。

なお、Azureには日本人がデザインした「クラウドガール・クラウディア窓辺」というイメージキャラクターがいてことあるごとにノベリティを配布いしていますが、Bluemixにはそのようなキャラクターはいません。


関連ブログ

[Azure] クエリちゃんの動画投稿数をツイートするサービス をGitHubに公開するまで
C#のAzure用Webジョブ開発ではまったところ
[Java] Android StudioやEclipseのお節介な警告を消す方法

以上、参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿