2015年2月14日土曜日

[C#] タスクトレイにバルーンチップを表示するアプリ

Balloon tips on Windows desktop
Windowsのタスクトレイにバルーンチップを表示するだけのアプリをC#で作りました。

環境

・Windows7 32bit
・Visual Studio 2010 (.NET Framework 4用アプリとして)
※Visual Studio Community 2013 でもビルドできると思います。


プロジェクトを作成する

新規プロジェクトを作成しますが、Windows フォームアプリケーションを選択します。

NotifyIconのIconプロパティに指定するアイコンの画像ファイルは
ファイル - 新規作成 - ファイル - アイコンファイル
で作ったものを使いました。

Form1.Designer.cs


Form1.cs

フォームという画面を表示するアプリですが、フォームは表示する必要がないので非表示にしています。
バルーンが消えるとアプリ終了です。


結果

実行すると下のようになります。
2秒間表示したら終了する設定にしたのですが、何かを操作して2秒後に終了するようです。


バルーンチップに表示する文字は引数で指定する

実際に使用するには引数に表示するタイトルとメッセージを指定して実行します。
まずexeファイルを作成します。
ソリューション構成をReleaseに変えてビルドします。
ビルドはソリューションエクスプローラーを右クリックして「ソリューションのビルド」です。
ビルドが終わったらソリューションエクスプローラーを右クリックして「エクスプローラーでフォルダーを開く」をクリックして
\プロジェクト名 - \Bin - \Release
のフォルダーにexeファイルが作成されているはずです。
このexeファイルを別の場所にコピーします。
今回はCドライブにBalloonというフォルダーを作ってコピーしました。

Balloon.exeに指定できる引数は "タイトルに表示する文字" "本文に表示する文字" です。
コマンドプロンプトを立ち上げて次のようにコマンドを入力します。

C:\Balloon\Balloon.exe "朝です" "おはようございます"



batファイルから起動する

テキストファイルに次の一行を保存して、拡張子をbatにするとbatファイルをダブルクリックすればバルーンチップを表示できます。



VBScript Scriptから起動する

テキストファイルに次の内容を保存して、拡張子をvbsにするとvbsファイルをダブルクリックすればバルーンチップを表示できます。


関連ブログ

[Unity3D] Visual Studio Community 2013を日本語化してUnityアプリを作る
[Android] アナログ時計アプリをライブ壁紙に改造する
[Java] SwingのUIを無限ループで更新するには
[JavaScript] XMLコンテンツをWebに表示する

以上、参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿