2013年9月14日土曜日

[Browsers] 最近のWebブラウザー事情

The share of web browsers recently
当サイトをご覧頂きありがとうございます。
ご覧頂いている方の環境をチェックしてみたら昔と比べて大きな変化があることに気がつきました。
個人的にはかなり驚く内容だったのでまとめてみました。

※これらの情報を取得するに当たりユーザーを特定したり追跡することは一切行っておりませんのでご安心ください。

まずは当サイトにアクセスするブラウザーの種類から上位5件の集計です。

最もアクセスが多かったのが「Android Browser」でした。Androidのスマートフォンやタブレットの普及率の影響と思っています。
上位5位以内に「Internet Exproler」(IE)が含まれていません
当ブログがGoogle検索でヒットしやすくBing検索でヒットしにくいなどの偏りもありますが、IEでのアクセスが減ってきたのは驚きです。

次はプロバイダーの種類から上位3件の集計です。
KDDI(au)、ドコモ、ソフトバンクと移動体通信の回線が上位を占めています。
ブロードバンド回線からのアクセス数は移動体通信以下という結果です。

これらの統計が示すことを自分なりにまとめると
利用者の端末がWindows PCからスマートフォン・タブレットに推移している
利用者の通信回線がブロードバンド回線からモバイル回線に推移している
という結論です。
既にPCの出荷数が減少という報道がありますが、ブログを書く側も影響を受けていることが分かりました。
今後のブログをはじめとするWebコンテンツの作り方も考え直す必要がありそうです。

具体的には次のような対策が必要だと思ってます。

スマートフォン用とPC用に表示を借り換える
スマートフォンはPCに比べて画面にが小さく表示できる情報量が限られます。
表示方法をスマートフォン用とPC用にそれぞれ最適な書式で表示できれば理想的です。
(幸いにも当コンテンツは自動で表示方法が変わります)

Webページに埋め込む画像は小さいサイズで表示する
文字だけのコンテンツに比べると、画像ファイルは容量が大きくなる傾向があります。
大きい画像は通信量が増え、スマートフォンのバッテリーの消耗が早くなります。
ただし画像を拡大して見たいユーザーのために、小さい画像をクリック(タップ)したら大きい画像を表示するようにします。

Adbe Flashのコンテンツは控える
Adbe Flashは動画視聴からゲームアプリまで幅広いコンテンツに対応できるソリューションです。
しかしAndroid版はディスコン、iOS版は公開されてないという状態です。
スマートフォンで見て欲しいコンテンツをAdbe Flashで表示しないようにします。

上記のことを注意していきたいと思います。

以上、参考になれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿